So-net無料ブログ作成

キャラ萌え? [お気に入り]

青池保子氏の漫画といえば、何と言っても”エロイカより愛をこめて”がお気に入り。
今、星組で上演中の「エル・アルコン-鷹-」の原作コミックも大昔に読んだのは
間違いないのだが、内容をほとんど覚えておらず、とりあえず、
”七つの海七つの空””エル・アルコン-鷹-”の2冊を購入し、読み直してみた。

青池氏によると、”七つの~”では当初主人公はキャプテン・レッドだったはずが
描いているうちにティリアンの方に”キャラ萌え”してしまい、彼を主役のストーリーを
外伝も含めてもう一度描いちゃったのが”エル・アルコン”だという。
流石は青池保子御大、”キャラ萌え”ときたよ。

確かに。

最近でこそ、こーいうダーティなヒーローってあたりまえになってきたけど、
当時はまだレアな存在だったんじゃないかな。
これこそ、悪の華、悪の美学の権化だわ。
多分、私自身も初めて読んだ頃はまだ多感(?)な少女期だったから、ジュリエットよろしく
キャプテン・レッド派だったのだろうが、今は断然ティリアン萌えだ。
また、ティリアンを取り巻くキャラクター達の配置が完全に萌え様式美を備えていて
私のヲタク心をくすぐるのであった。
1.黒髪・黒い瞳 VS 金髪碧眼
2.冷酷な主人公の全ての秘密を知りながらも献身的に尽くす美青年
3.その美青年にだけは優しさを見せ、心を許す主人公
4.主人公に影響を与える、父親かもしれない大人の男性
5.もう一人の主人公、金髪青年の面倒を何くれとなくみる兄貴

1.は大事なファクターだ。男性キャラクターを何人か揃える時、洋物だったら
絶対欠かせない構成要素だと私は思い込んでいる。
というかこの組み合わせに弱い。
現代であればこの他にメガネ属性も必要だったりする。
以前このラインナップにやられて、ベタに乙女チックな某ゲームに嵌ってしまった。
2.&3.も必要な設定。
孤高と謳われていても、実際にはそんな彼に心酔して慕う存在が最低一人はいるもの。
ティリアンは全くツンデレではないけれど、ニコラスにだけは、時々信じられない程の
優しさを見せる。
4.もありがちだけど、あと5.がいいんですよ、アニキが。
特に海の男にはこういう存在が必ず現れるものなのだ。
決まり文句は「野郎ども!」  ああ、ここでも某ゲームがちらつくぜ。

そしてティリアンの子孫が、エーベルバッハ少佐であり、
キャプテン・レッドの子孫が、エロイカである・・・・・と、青池氏自身が語っていた。
ま、2人とも性格はこれっぽっちも受け継がれてないけどね(汗)
ただ、これだけ時を越えて、また宿命のライバルとして同じ時代に存在している
2人に萌えなのです。
んで、よく見るとキャプテン・レッドの腹心にどー見てもジェイムズ君だわ、と
思われる人がいたり(中身は至極マトモな人だけど)、やっぱりかなり”エロイカ”に
リンクしている作品なんだなー、と今回新たな発見がいろいろあって面白かった。

また久しぶりに”エロイカ”が読みたくなってしまった。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。